主な袖(スリーブ)のデザイン

ドレスに使われる『袖(スリーブ)』のデザインの中から、主なものをいくつかご紹介します。

・キャップスリーブ
肩がちょうど隠れるぐらいの短めな袖です。

・フレンチスリーブ
身頃と袖とが同じ布で切り替え無しで作られた袖です。

・デタッチドスリーブ
身頃から分離した形状の、取り外し式になっている袖です。

・オープンショルダー
肩の部分に穴が開いた形状の袖です。

・フレアスリーブ
肩から袖先に向かって、波打ったような形に広がっている袖です。

・ベルスリーブ
肩から袖先に向かって、ベルのような形に広がっている袖です。

・ティアードスリーブ
フリルなどを何段か重ねたようなデザインになっている袖です。

・ポンチョスリーブ (ポンチョ袖)
まるでポンチョを服の上に着ているかのように見えるデザインになっている袖です。
ネックラインで身頃に縫いつけられています。

・スリットスリーブ
袖部分に切り込みが入ったデザインになっている袖です。
「スラッシュドスリーブ」と呼ばれることもあるようです。

・ハンギングスリーブ
布を吊り下げたようなデザインになっている袖です。

・パフスリーブ
短めに丸くふくらませた形状の袖です。
「提灯袖」と呼ばれることもあります。

・バルーンスリーブ
風船のような形にふくらんだ袖です。
パススリーブよりもふくらみが大きめになっています。

・アメリカンスリーブ
首の下から脇の下まで大きく開き、肩を出している形状の袖です。