マタニティドレスのレンタル

 妊娠している女性の方がフォーマルな場にお呼ばれした場合にはマタニティドレスを着る必要があります。その場合、妊娠何ヶ月程度でお腹がどれくらい出ているかによって来られるドレスがかなり異なってきます。お腹が苦しくて着ることができないとか、丈が非常に短くなってしまってみっともなくなってしまうことも十分に考えられますので、ドレスの選択には十分に注意しましょう。

 妊娠初期のマタニティドレスは普通のドレスとほとんど違いがありません。むしろシンプルでゆったりとしたマタニティドレス感のあるドレスを着るとお腹が強調されてしまいます。そのためサイズが大きくなってしまいやボックなってしまいます。この時期の妊婦さんは下腹部が少し膨らみ始める程度で、まだ余り目立つ時期ではありません。シンプルなスカートの裾が広がらずにすぼまっているようなドレスや、コクーン型やバルーン型などのドレスが下腹部の膨らみを目立たないものにしてくれるので良いでしょう。しかし妊婦には大核の変化だけではなくて隊長の変化もあると思います。フォーマルな場で緊張してしまうおそれがあるのに、胸などの体を締め付けるようなドレスでいるとあまりよろしくないでしょう。

 妊娠初期のドレスであれば普段使いのドレスで上記のような物を選んできていくこともできるでしょう。しかし、マタニティドレスを着る機会というのはそう多いものではありませんから、レンタルドレスと検討してみるのもよいのではないでしょうか。妊娠中で外出を控えたい場合でも、インターネットで予約してレンタルできるショップもあります。もちろん、一度店舗に出かけてサイズを図ってもらうのが一番ですが、検討してみると良いのではないでしょうか。