結婚式に参加するときの小物の目安

 ドレスの内容だけでなくバッグやアクセサリーなどの小物類にも注意を払う必要があります。レンタルドレスをする時には小物アクセサリーも一緒に借りれるか確認しておくといいでしょう。

バッグでは動物の革やファーなどは、殺生を連想させるので結婚式という場ではあまり歓迎されないとされています。また、カジュアルなバッグや、キャラクターがモチーフになったバッグは避けましょう。基本的にドレスとセットでバッグは選ばれますが、手持ちのバッグではどうしても合わないということも考えられます。そうしたときにはレンタルドレスショップでバッグも合わせてレンタルすると全身のバランスが取れたコーディネートになるでしょう。

ネックレスやイヤリングはアクセサリーの定番ですが、これらにも幾つか配慮するとよい事柄があります。まず、ブーケやウエディングドレスに使われる生花やそれをモチーフとしたアクセサリーは花嫁とかぶってしまった場合に大変な失礼になりますから避けたほうが良いでしょう。イヤリングは大きく目立たないものが良いでしょう。特に、耳から下に垂れ下がって大きく揺れるものは「家庭が揺れる」などと連想され縁起が悪いと思われてしまいます。一般に白のパールが定番でこれは普段使いも難しくないですから1つ持っておくと良いのではないでしょうか。

最近は使っている人が少ないですが「腕時計」にも注意する必要があります。男性の場合に腕時計はほとんど必需品ですし、そもそも着飾って遊べる部分が少ないですからあまり気にされません。しかし女性の場合は披露宴のような華やかで幸せな場所で時間を気にする腕時計の着用は控えておいたほうがいいかもしれません。